Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge」が脆弱性2件を修正 - Chrome修正で言及なかった脆弱性

マイクロソフトは、同社ブラウザ「Microsoft Edge」の最新版となる「同91.0.864.59」をリリースし、2件の脆弱性を修正した。「Chrome」の更新において言及されていなかった脆弱性だ。

今回のアップデートは、権限昇格の脆弱性「CVE-2021-34475」や、セキュリティ機能がバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2021-34506」に対応したもの。いずれも重要度は、4段階において上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは、「CVE-2021-34506」が「5.4」。「CVE-2021-34475」は、6月25日の時点でスコアが付与されていない。

今回のアップデートは、「Chromium 91.0.4472.101」をベースとしたものだが、現地時間6月10日に公開された「Chrome 91.0.4472.101」の更新においてこれら脆弱性の修正については言及されていない。いずれも重要度が付与されていることからも、「Microsoft Edge」独自の脆弱性と見られる。

「Chrome 91.0.4472.101」で修正された「CVE-2021-30554」「CVE-2021-30555」「CVE-2021-30556」「CVE-2021-30557」について、MSでは「Chromium 91.0.4472.114」をベースとする現地時間19日にリリースした「Microsoft Edge 91.0.864.54」で対応したことを明らかにしている。

(Security NEXT - 2021/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正