Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge」が脆弱性2件を修正 - Chrome修正で言及なかった脆弱性

マイクロソフトは、同社ブラウザ「Microsoft Edge」の最新版となる「同91.0.864.59」をリリースし、2件の脆弱性を修正した。「Chrome」の更新において言及されていなかった脆弱性だ。

今回のアップデートは、権限昇格の脆弱性「CVE-2021-34475」や、セキュリティ機能がバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2021-34506」に対応したもの。いずれも重要度は、4段階において上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは、「CVE-2021-34506」が「5.4」。「CVE-2021-34475」は、6月25日の時点でスコアが付与されていない。

今回のアップデートは、「Chromium 91.0.4472.101」をベースとしたものだが、現地時間6月10日に公開された「Chrome 91.0.4472.101」の更新においてこれら脆弱性の修正については言及されていない。いずれも重要度が付与されていることからも、「Microsoft Edge」独自の脆弱性と見られる。

「Chrome 91.0.4472.101」で修正された「CVE-2021-30554」「CVE-2021-30555」「CVE-2021-30556」「CVE-2021-30557」について、MSでは「Chromium 91.0.4472.114」をベースとする現地時間19日にリリースした「Microsoft Edge 91.0.864.54」で対応したことを明らかにしている。

(Security NEXT - 2021/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ