Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%

消費者の4.9%がスミッシングによる被害を経験したことがあるとの調査結果をNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションが取りまとめた。

同社が、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を用いたフィッシング、いわゆるスミッシングについてインターネットでアンケート調査を4月に実施し、結果を取りまとめたもの。企業からのSMSを受け取ったことがある10代から60代までの男女1092人が回答した。

企業から受信したSMSの送信元や内容に73.9%がなりすましの不安を感じたことがあると回答。不安を感じたことがある回答者にその際の対応を尋ねたところ、「URLを開かない(74.1%)」「内容を無視する(48.9%)」「同様の内容があるかインターネットで調べる(48.9%)」といった対応が目立った。

一方、SMSによる詐欺被害の経験を尋ねたところ、回答者全体の4.9%が「ある」と答えたという。

20210621_no_001.jpg
なりすましの不安を感じたときにとった行動(グラフ:NTTコムOMS)

(Security NEXT - 2021/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査