Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高

大阪府立高校において、2020年度の卒業生に関する個人情報が記載された書類が所在不明となっている。

同府によれば、個人情報が記入済みの同窓会登録用紙を紛失したもの。1クラス38人分の氏名、クラス、住所、電話番号、携帯電話番号、メールアドレスなどの情報が含まれる。

同校では2月25日に3年生の全7クラスへ用紙を配布し、記入済みの用紙について回収を進めていたが、校長が未回収となっていた一部クラスの担任へ所在を確認したところ、1クラスにおいて生徒から担任が回収したあと、所在がわからなくなっていることが5月18日に判明したという。

教職員で校内を探すも発見できず、同校では5月27日に全卒業生や保護者に対して経緯を説明し、謝罪する書面を送付。全校生徒に対しても書面を配布した。対象クラスの卒業生や保護者に対しては、6月3日に説明会を開催している。

(Security NEXT - 2021/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市
修学旅行中に生徒の個人情報含む資料を紛失 - 静岡県立高
県立高校で修学旅行引率中に生徒の個人情報を紛失 - 静岡県
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
体験入学申込者宛のメールで誤送信 - 大阪府立高校
府立高で生徒個人票2クラス分が所在不明に - 大阪府
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
都立高校で「生徒個人カード」綴じたファイルが所在不明
メール作成時のコピーで誤操作、本文にメアドの一部 - 静岡県立高