Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正

「Apache HTTP Server」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同2.4.48」を6月1日にリリースした。

脆弱性によって影響を受けるバージョンは異なるが、今回のアップデートでは、あわせて8件の脆弱性に対処した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

今回のアップデートにおいて、4段階中2番目に高い「重要(Important)」とされる脆弱性は、「HTTP/2」のプロトコル処理に明らかとなった「CVE-2021-31618」の1件のみ。細工した「HTTP/2」リクエストによって、NULLポインタ参照が生じて子プロセスがクラッシュし、サービス拒否に陥るおそれがある。

重要度「中(Moderate)」とされる脆弱性は3件。「mod_proxy_wstunnel」の処理に起因し、認証をバイパスされるおそれがある「CVE-2019-17567」や、「MergeSlashes」ディレクティブの設定によって意図しないURLと一致する「CVE-2021-30641」、「Windows」において権限のないローカルユーザーによってhttpdを停止できる「CVE-2020-13938」などを修正した。残る4件は、もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

開発チームでは脆弱性を修正した「同2.4.48」をリリース。セキュリティ機関などもアップデートを呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-17567
CVE-2020-13938
CVE-2020-13950
CVE-2020-35452
CVE-2021-26690
CVE-2021-26691
CVE-2021-30641
CVE-2021-31618

(Security NEXT - 2021/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性