Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社

油脂や医薬品、化学薬品などを扱う商社のカネダは、不正アクセスを受け、ランサムウェアによる被害が発生したことを明らかにした。

同社の発表によれば、6月2日早朝に社内システムにおいてランサムウェアによる被害が発生したもの。一部サーバやパソコンがアクセスできなくなったほか、それ以外の稼働している機器においても、多くの痕跡を確認しているという。

具体的な被害規模や情報流出などの影響、脅迫の状況については明らかにしてらず、本誌では同社に取材を求めたが、取材には一切応じられないとしてコメントは得られなかった。

同社は全社システムを停止、ネットワークの遮断を行い、影響の範囲や原因の特定を進めるとともに、影響を受けたシステムの復旧を進めるとしている。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中
名古屋商工会議所にサイバー攻撃 - サーバが暗号化被害
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開