Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

JA高崎ハムが運営する通信販売サイト「高崎ハムオンラインショッピング」が不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報が外部へ流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

同サイトのシステムに存在した脆弱性を突く不正アクセスがあり、決済アプリケーションが改ざんされたもの。同サイトで利用されたクレジットカード情報が外部に流出し、一部が不正に利用された可能性がある。

対象となるのは、2020年2月3日からクレジットカード決済を停止した2021年1月6日にかけて同サイトを利用した顧客123人のクレジットカード情報183件。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

1月6日に情報が流出した可能性についてクレジットカード会社より指摘があり、問題が発覚した。外部事業者による調査は2月26日に終了。3月22日に警察へ被害を申告し、所管する農林水産省には4月28日に報告した。

同社は、対象となる顧客に対して、6月9日よりメールや書面を通じて個別に経緯を説明するとともに謝罪。クレジットカードにおいて身に覚えのない請求が行われていないか、確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市