Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も

「CVSSv3.0」のベーススコアで見ると、「SAP NetWeaver AS for JAVA」における「XML」の検証不備の脆弱性「CVE-2021-27635」が「8.7」で続いた。

また4月の月例セキュリティパッチで修正された「SAP Commerce」の脆弱性「CVE-2021-27602」についても、前月に続き「Hot News」とレーティングし、引き続き注意を呼びかけている。脆弱性を悪用されると、リモートよりコードを実行されるおそれがあり、「CVSSv3.0」のベーススコアも「9.9」と高い。

今回のアドバイザリで対応が呼びかけられている脆弱性は、CVEベースで以下のとおり。

CVE-2021-21473
CVE-2021-21490
CVE-2021-27597
CVE-2021-27602
CVE-2021-27605
CVE-2021-27606
CVE-2021-27607
CVE-2021-27610
CVE-2021-27615
CVE-2021-27620
CVE-2021-27621
CVE-2021-27622
CVE-2021-27623
CVE-2021-27624
CVE-2021-27625
CVE-2021-27626
CVE-2021-27627
CVE-2021-27628
CVE-2021-27629
CVE-2021-27630
CVE-2021-27631
CVE-2021-27632
CVE-2021-27633
CVE-2021-27634
CVE-2021-27635
CVE-2021-27637
CVE-2021-27638
CVE-2021-27639
CVE-2021-27640
CVE-2021-27641
CVE-2021-27642
CVE-2021-27643
CVE-2021-33659
CVE-2021-33660
CVE-2021-33661
CVE-2021-33662
CVE-2021-33663
CVE-2021-33664
CVE-2021-33665
CVE-2021-33666

(Security NEXT - 2021/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新