Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も

「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターは実証コードが公開済みで探索行為も確認されているとして、注意喚起を行った。

「CVE-2021-21985」は、デフォルトで有効となっているプラグインに起因し、443番ポートへアクセスできる攻撃者によってホストOS上で特権によりコマンドを実行されるおそれがある脆弱性。米時間5月25日にアップデートがリリースされている

米サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、サイバー攻撃者が同脆弱性の悪用を試みる動きを認識しているとして、米時間6月4日にアップデートを呼びかけるアナウンスを行った。

JPCERTコーディネーションセンターにおいても、アップデート公開時より同脆弱性についてアナウンスを行ってきたが、注意喚起の内容を更新し、任意のコードを実行する実証コードが公開されていることを報告。

さらに5月28日ごろより同脆弱性を探索する通信も観測されているとの情報も得ているとし、脆弱性の影響を受ける製品を利用している場合は、すみやかに対策や回避策を適用するよう広く呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応