Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起

「VMware vCenter Server」「VMware Cloud Foundation」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、悪用しようとする動きがあるとして米サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が未修正の場合は早急に対処を講じるよう注意を呼びかけた。

デフォルトで有効となっているプラグイン「VirtualSAN Health Check」で入力検証を行っておらず、443番ポートへアクセスできる攻撃者によってホストOS上で特権によりコマンドを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-21985」について注意喚起を実施したもの。

同プラグインの使用の有無に関わらず影響があり、VMwareでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。米時間5月25日に脆弱性を修正した「vCenter Server 7.0 U2b」「同6.7 U3n」「同6.5 U3p」および「Cloud Foundation 4.2.1」「同3.10.2.1」をリリースしている。

CISAは、サイバー攻撃者が同脆弱性の悪用を試みる動きを認識していると指摘。管理者やユーザーに対し、VMwareが公開したアドバイザリや追加情報などを確認し、例外的な作業が必要となってもできるだけアップデートを早く適用し、適用できない場合は回避策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消