Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大

国立音楽大学は、オープンキャンパスの申込者へ案内のメールを送信した際にメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、オープンキャンパスで実施する声楽体験レッスンの案内メールを5月19日に申込者へ送信したところ、送信先を宛先に設定するミスがあったという。今回の誤送信により、42人のメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。

送信の直後に問題を把握。同日、対象となる申込者に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

今回の問題を受け、同大ではメールクライアントソフトにおける手作業での一斉送信を禁止。誤送信が生じないよう、メールマガジンの配信に用いている一斉送信システムを使用できるようシステムを変更するなど、技術的な対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2021/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で博物館担当者のメアド流出 - 東京都教育委員会
就職イベントの案内メールに学生リストを誤添付 - 富山県
宿泊施設従業員のメルアドリストをメール誤送信 - 兵庫県
衣料品ショップのメルマガで誤送信 - 顧客のメアド流出