Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府

大阪府は、バスで通学する支援学校の児童や生徒に関する個人情報が記載された一覧表が所在不明となっていることを明らかにした。

同府によれば、支援学校の通学バスを運行する委託先で介助を担当する従業員が、通学バスに乗車する児童や生徒約15人分の氏名、学年、髪型などを記載したメモを紛失したもの。5月14日に通学バス運行業務の終了後、休憩中にクリアファイルにはさんだメモを閲覧。その後ベンチにメモを置き忘れたものと見られ、以降の所在がわからなくなっているという。

同日や翌日もベンチ付近など現場を捜索したが発見できず、17日に学校へ紛失を報告。18日に警察へ届けた。

メモはバス備付けの乗車名簿から業務委託契約書に反して転記されたものだった。同府では、対象となる児童や生徒の保護者に対し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ