Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、同社で4月に観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。観測件数は減少したが、50Gbps規模の攻撃を観測したという。

同社のDDoS攻撃対策サービスで検知した動向を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃件数は487件で、前月の604件から117件減少した。1日あたりの平均攻撃件数は16.2件。前月の19.5件を下回った。1日あたり10件から25件前後で推移しているが、同月20日には40件を超える攻撃を観測した。

同月に観測されたもっとも規模が大きい攻撃は「SYNフラッド攻撃」で、約431万ppsのパケットにより、49.61Gbpsのトラフィックが発生した。前月にもっとも規模が大きかった約147万pps、約15.0Gbpsの攻撃を大きく上回り、2021年に同社で観測した攻撃において最大のものとなった。

同月にもっとも長く継続した攻撃は、「NTP」「DNS」など複数のプロトコルによるリフレクション攻撃と、「GRE(Generic Routing Encapsulation)」プロトコルを利用したものだった。攻撃は49分にわたり、最大で1.47Gbpsのトラフィックが発生している。

20210531_ii_001.jpg
IIJによるDDoS攻撃の観測動向(グラフ:IIJの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
DDoS攻撃が前月から減少、最長だったのはmemcached反射攻撃 - IIJ調査
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加