Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市

大阪市保健所において、高齢者施設従事者用の新型コロナウイルスワクチン接種券付き予診票を、異なる施設へ誤って送付するミスが発生した。

同市によれば、5月19日に委託業者が各高齢者施設宛てに新型コロナウイルスワクチンの接種券付き予診票を送付したところ、同月21日に1施設から、他施設の予診票が封筒に入っていたと問い合わせがあり、誤送付が判明した。

同様のミスがほかに発生していないか確認したところ、別の1施設についても異なる施設の予診票が誤って送付されていることがわかった。

誤送付されたのはあわせて66人分の予診票で、氏名や住所、生年月日、性別、所属機関などが記載されている。

同市福祉局において、高齢者施設の一覧表のデータを保健所への送付用に保存する際、2施設のデータを誤って別の施設名で保存したことが原因としている。

同市では誤送付先を訪問し、説明と謝罪を行って書類を回収した。個人情報を誤送付した66人に対しては、施設と調整のうえ対応するとしている。

(Security NEXT - 2021/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保育施設の資料を同姓の別人にメール送信 - 大阪市
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro