Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市

大阪市保健所において、高齢者施設従事者用の新型コロナウイルスワクチン接種券付き予診票を、異なる施設へ誤って送付するミスが発生した。

同市によれば、5月19日に委託業者が各高齢者施設宛てに新型コロナウイルスワクチンの接種券付き予診票を送付したところ、同月21日に1施設から、他施設の予診票が封筒に入っていたと問い合わせがあり、誤送付が判明した。

同様のミスがほかに発生していないか確認したところ、別の1施設についても異なる施設の予診票が誤って送付されていることがわかった。

誤送付されたのはあわせて66人分の予診票で、氏名や住所、生年月日、性別、所属機関などが記載されている。

同市福祉局において、高齢者施設の一覧表のデータを保健所への送付用に保存する際、2施設のデータを誤って別の施設名で保存したことが原因としている。

同市では誤送付先を訪問し、説明と謝罪を行って書類を回収した。個人情報を誤送付した66人に対しては、施設と調整のうえ対応するとしている。

(Security NEXT - 2021/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
申込フォームで個人情報が閲覧可能に - 大阪市コミュニティ協会
日本語教室参加者宛のアンケート依頼メールを「CC」送信 - 大阪国際交流センター
中学校で個人情報記載の裏紙を再利用、給食費未納一覧も - 大阪市
小学校校長が個人SNSに児童の画像を投稿 - 大阪市
市立小学校教員が児童名簿を学外で紛失 - 大阪市