Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告

富士通のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受けた問題で、国土交通省は、同省システムに関する情報が外部に流出したことを明らかにした。

同省では、システム関係業務を富士通に委託していたが、同社が管理運営する「ProjectWEB」が不正アクセスを受けたもの。5月14日夕方に同社より最初の報告が寄せられたという。

原因や流出の範囲など詳細は調査中だが、同省のメール関連システムに関する構成機器の情報や、同省職員のメールアドレス、外部からの登録者もいる同省メーリングリストの登録情報など、少なくとも約7万6000件分のメールアドレスなどが対象に含まれることが判明しているという。

5月26日の時点で機器に関する情報が流出した同省システムに対する不正アクセスは確認されておらず、業務への影響も出ていないという。

富士通では、同ツールの運用を停止。同省では、同社に対して、原因や不正アクセスにより流出した情報について引き続き調査し、報告するよう求めた。

また情報流出が判明したメールアドレスの使用者に対して、個別に連絡を取るとともに、セキュリティ対策の強化を図っていくとしている。

(Security NEXT - 2021/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明