Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bluetoothに複数の脆弱性、なりすましや中間者攻撃のおそれ

一方「Meshプロファイル 1.0」と「同1.0.1」をサポートするデバイスでは、「CVE-2020-26560」が明らかとなった。「AuthValue」を保有するように見せかけ、「ネットワークキー(NetKey)」や「アプリケーションキー(AppKey)」を発行させることが可能になるという。

さらにプロビジョナーの公開鍵、プロビジョニング確認値、プロビジョニングランダム値、プロビジョニング手順で使用する公開鍵より、「AuthValue」を計算により割り出すことが可能な脆弱性「CVE-2020-26559」が判明。

さらにエントロピーが十分でない「AuthValue」に対してブルートフォース攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2020-26557」や、プロビジョニング手順において、タイムアウト前に使用された「AuthValue」を特定できる場合に「NetKey」を特定できる「CVE-2020-26556」なども明らかとなっている。

これら脆弱性の判明を受け、Bluetooth SIGでは、参加する会員企業と情報共有を進めており、必要に応じてパッチを提供するよう求めた。利用者に対しても、デバイスやOSの開発元から提供される更新プログラムをインストールするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も