Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性

恋愛や婚活を支援するマッチングアプリ「Omiai」のサーバが不正アクセスを受け、会員情報が流出した可能性があることがわかった。

同サービスを運営するネットマーケティングによれば、外部から不正アクセスがあり、サービスの利用に必要となる年齢確認書類の画像データが外部へ流出した可能性が高いことが判明したもの。

すでに退会済みの場合も含め、2018年1月31日から2021年4月20日にかけて、同社へ年齢確認の審査書類を提出した171万1756件の会員アカウントが対象となる。

年齢確認書類は、約6割が運転免許証としており、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードの前面なども含まれる。書類の種類によって記載項目は異なるが、氏名や住所、生年月日、顔写真、登録番号などが記載されていた。

またマイナンバーが印字されたマイナンバーカード裏面も誤って1件提出されており、被害に遭った可能性がある。アプリの利用状況など、「年齢確認書類」以外の情報流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か