Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性

恋愛や婚活を支援するマッチングアプリ「Omiai」のサーバが不正アクセスを受け、会員情報が流出した可能性があることがわかった。

同サービスを運営するネットマーケティングによれば、外部から不正アクセスがあり、サービスの利用に必要となる年齢確認書類の画像データが外部へ流出した可能性が高いことが判明したもの。

すでに退会済みの場合も含め、2018年1月31日から2021年4月20日にかけて、同社へ年齢確認の審査書類を提出した171万1756件の会員アカウントが対象となる。

年齢確認書類は、約6割が運転免許証としており、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードの前面なども含まれる。書類の種類によって記載項目は異なるが、氏名や住所、生年月日、顔写真、登録番号などが記載されていた。

またマイナンバーが印字されたマイナンバーカード裏面も誤って1件提出されており、被害に遭った可能性がある。アプリの利用状況など、「年齢確認書類」以外の情報流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス