Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで

同院では、誤送信先に対して日本語や英語によるメールを送信し、メールや添付ファイルの削除を依頼したが、返信はないという。

対象となる患者に対しては、個別に訪問したり、電話で経緯の報告と謝罪を進めている。

同院は、個人情報の取り扱いにおけるリスクの認識が甘かったとし、個人情報など機密性が高いデータについては、送信の必要がある情報であるか確認し、必要性が認められる場合も、暗号化といった対策を講じ、再発の防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2021/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省