Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで

市立旭川病院において、新型コロナウイルス感染症の入院患者に関する個人情報が記載されたファイルを誤って第三者にメールで送信するミスがあったことがわかった。

同院の事務職員が5月10日、症例研究を行うとする同院医師に対して、新型コロナウイルス感染症の患者に関する個人情報を含んだファイルをメールで送信したが、誤ったメールアドレスを入力するミスがあったという。

送信先は医師が個人で利用する「Gmail」のメールアドレスだったが、翌11日にファイルが届いていないとの同医師による指摘で、メールアドレスのユーザー名に誤りがあったことが判明した。不着の通知などもなく、第三者に届いたものと見られる。

ファイルには、新型コロナウイルス感染症の入院患者21人分の氏名、生年月日、年齢、入院病名、入退院日、血液検査結果値などを記載。本来、院外へ個人情報を送信する際は、個人情報の記号化や暗号化など対策を講じる必要があるが、ファイルの暗号化などは行われていなかった。

(Security NEXT - 2021/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前