Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響

脆弱性が悪用されると、悪意あるDNSサーバに誘導することが可能となるほか、またルータにおいては「NAT」で接続されているローカルのデバイスへの攻撃が可能となる。

同氏はデモにおいて、ユーザ名とパスワードを脆弱性を用いて傍受し、スマートコンセントを遠隔操作したり、サポートが終了している「Windows 7」を搭載したパソコンに対し、脆弱性を利用して「BlueKeep攻撃」が可能であることを実際に示した。

脆弱性を公表にあたっては、「Wi-Fi Alliance」と「ICASI(Industry Consortium for Advancement of Security on the Internet)」における監修のもと協調的に情報共有を進め、9カ月をかけてアップデートなどの準備が進められてきたという。今回の発表を受け、各社よりアップデートの提供が順次開始されている。

脆弱性は当初、2021年3月9日に開示が予定されていたものの、約1週間前に延期となったが、準備が進められていたマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムについては、予定通り3月9日に先立ってリリースされ、特定の脆弱性に対処した。

また同氏は、ネットワークにおいて脆弱性の影響を調査するツールを公開しており、ライブUSBのイメージも用意している。エクスプロイトを含む実証コード(PoC)については、十分にパッチの適用が進んだ今後リリースする計画だという。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも