Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発

コンテンツマネジメントシステム(CMS)などにも採用されているPHP環境向けのメール送信ライブラリ「PHPMailer」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

安全ではないデシリアライゼーションにより、オブジェクトを挿入されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-36326」が明らかとなったもの。Tideliftを通じて報告を受けたとしている。

2018年に「同6.0.6」「同5.2.27」で修正されたオブジェクトインジェクションの「CVE-2018-19296」と類似しているが、2020年10月に公開した「同6.1.8」で実施した修正により再度生じた脆弱性だという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同6.4.1」を4月29日にリリースした。同脆弱性については、すでに実証コード(PoC)も公開されており、今後悪用のリスクが高まるおそれもあり注意が必要となる。

(Security NEXT - 2021/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性