Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発

コンテンツマネジメントシステム(CMS)などにも採用されているPHP環境向けのメール送信ライブラリ「PHPMailer」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

安全ではないデシリアライゼーションにより、オブジェクトを挿入されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-36326」が明らかとなったもの。Tideliftを通じて報告を受けたとしている。

2018年に「同6.0.6」「同5.2.27」で修正されたオブジェクトインジェクションの「CVE-2018-19296」と類似しているが、2020年10月に公開した「同6.1.8」で実施した修正により再度生じた脆弱性だという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同6.4.1」を4月29日にリリースした。同脆弱性については、すでに実証コード(PoC)も公開されており、今後悪用のリスクが高まるおそれもあり注意が必要となる。

(Security NEXT - 2021/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ