Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開

Citrix Systemsは、リモートアクセスソリューション「Citrix Workspace App」の脆弱性を解消するセキュリティアップデートをリリースした。

同社によれば、同製品においてアクセス制御に問題があり、ローカル環境においてシステム権限を取得されるおそれがある権限昇格の脆弱性「CVE-2021-22907」が明らかとなったもの。

Windows版で、管理者権限を持つアカウントを使用して同製品をインストールした場合にのみ、脆弱性の影響を受けるとしている。またWindows以外のプラットフォームについては脆弱性の影響を受けない。

同社は、「同2105」「同1912 LTSR CU4」および以降のバージョンで脆弱性を修正済みとしており、同バージョン以降へアップデートをするよう注意を喚起。自動更新が有効の場合は、更新済みのバージョンとなっているか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝