Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取

鹿児島銀行の「かぎんeバンクサービス」を装うフィッシング攻撃が確認された。「信頼性や正当性を高めるため」などとでたらめな説明を行い、メール内のリンクをクリックさせ、誘導先サイトでは乱数表などもだまし取ろうとしていた。

20210506_ap_001.jpg
乱数表を撮影させ、アップロードさせようとしていた誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃は、「本人の利用であるかを確認したい取り引きがある」などとだまして偽サイトへ誘導し、個人情報を騙し取る手口。対応しないと一部サービスを制限するなどと不安を煽る。

フィッシングメールでは複数の文面が確認されており、一部では「信頼性、正当性を高めるため」などとでたらめな説明を行い、メールの本文中に記載したリンクからアクセスするよう誘導。フィッシングサイトでは、IDやログインパスワード、暗証番号にくわえ、カードに記載された二要素認証に用いる乱数表の撮影画像をアップロードさせ、詐取しようとしていた。

5月6日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

またログインを促すメールを受信しても、正規のメールであるか真偽を判別することは難しいことから、メール本文中に記載されたリンクではなく、事前に登録した正規サイトのブックマークを用いてウェブサイトへアクセスするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃
「支援金5万円」とだますフィッシング - 偽マイナポータルへ誘導
「口座が凍結されました」 - ゆうちょ銀装うフィッシングに注意