Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券

日産証券のオンライントレードシステムで障害が発生している問題で、同社は今後の対応について明らかにした。システムの復旧やサービスの再開については目途が立っていない。

4月25日23時ごろよりウェブサーバ3台で障害が発生し、オンライントレードサービス「株価指数先物取引・オプション取引」「くりっく365」「くりっく株365」で障害が生じているもの。ランサムウェアが原因となった可能性がある。

同社は、今回不正アクセスの影響を受けた3サービスについて、当面サービスの提供を停止することを決定。「株価指数先物取引・オプション取引」については、決済注文に限り電話で受注するほか、「くりっく365」「くりっく株365」については代替となる発注手段について検討している。また口座への入出金についても電話で受け付ける。

問題のシステムはネットワークから遮断し、顧客情報への影響については、調査を進めている。原因や情報流出の状況などの調査に関しては、1週間から2週間ほどを見込むが、調査結果次第ではサービス復旧に時間を要する可能性もあり、システムの復旧やサービス再開については目途が立っていない。

なお、営業店舗における「対面取引」や法人部における「取引」「株式現物、信用取引」および「商品先物取引」のオンライントレードについては通常通り取引できるとしている。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も