Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同製品に「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性が明らかとなったもの。4月23日の段階でCVE番号は採番されておらず、「SA-CORE-2021-002」として識別されている。

具体的には、Drupalコアに含まれるサニタイズAPIにおいて、特定の状況下のクロスサイトスクリプティングを適切にフィルタリングできないという。

開発者によるリスクレベルのスコアは、最高値「25」のところ「15」で、5段階ある重要度で上から2番めにあたる「クリティカル(Critical)」とレーティングされている(Drupalの場合、もっとも高い重要度は「Highly Critical」)。

開発者は、「Drupal 9.1.7」「同9.0.12」「同8.9.14」「同7.80」をリリース。すべてのサイトとユーザーが脆弱性の影響を受けるわけではないが、攻撃を防ぐ構成変更は非現実的であるとし、今回リリースしたアップデートを可能な限り速やかに適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中