Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー

カーディーラーの福岡トヨペットは、一部顧客において同意を得ずに個人情報をトヨタ自動車へ提供していたことを公表した。

同社によれば、同社の従業員が、一部顧客の車両注文書やアンケートに記載された個人情報を、顧客の同意を得ずに、トヨタ自動車の顧客認証サービス「TOYOTA・LEXUS共通ID」の発行のために提供したという。顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、車両通信サービス契約車両の所有の有無などが含まれる。

発行されたIDや提供された個人情報は、トヨタ自動車により削除された。また、個人情報はトヨタ自動車以外に提供されていないことを確認したとしている。

同社では対象となる顧客に対し、個別に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと