Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催

インターネットテクノロジーをテーマとした総合イベント「Interop Tokyo 2021」の「ShowNet」に関する解説イベント「shownet.conf_mini」が4月22日にオンラインで開催される。

「Interop Tokyo 2021」は、初のハイブリッド開催となり、4月16日に閉幕したリアルイベントの「フェーズ01」に続き、19日よりオンラインイベント「フェーズ02」が開催中だが、同イベント中に「ShowNet」を解説する「shownet.conf_mini」を開催する。

「ShowNet」は、産学のトップエンジニアが集結し、最新プロトコルも含め、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を検証するネットワーク構築プロジェクト。同イベントでは、「ShowNet」の構築や運用に携わったNOCチームのメンバーが登場し、取り組みなどを紹介する。

各分野の注力ポイントなどを解説。特にクラウドシフトやリモートアクセスなどに関連するセキュリティの最新動向などを取り上げるほか、バックボーンの設計思想などを紹介。オンラインコミュニケーションによるインフラ構築やイベント開催といった課題への対応、2022年への展望なども語る。

Cisco WebEXを用いたオンライン開催となり、視聴は無料。4月22日13時スタートを予定している。プログラムの詳細や視聴登録は「Interop Tokyo 2021」のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与