Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市

神戸市が送付した生活保護関係の書類において、別世帯の個人情報が誤って印字されていたことがわかった。CSV形式でデータを出力した際に不具合が生じたという。

区保健福祉部から送付した「夜間・休日等緊急受診証」の世帯員欄に、別世帯の氏名、性別、生年月日が印字されていたもの。受領者からの指摘により判明し、全区のデータを確認したところ、これとは別に同様の問題が4件発生していたことも明らかとなった。

同市によれば、専用システムから表計算ファイルとして抽出したデータを、印刷用に用いるためにCSV形式で出力したところ、元データとの整合性が失われており、別世帯の状態が世帯員欄に追加されていた。同市によると、データ出力時の不具合に再現性は見られず、詳しい原因の特定には至っていないという。

今回の問題を受けて、同市では、誤った内容が印字された受診証を受領した5人に対し、謝罪したうえで受診証を回収し、印字内容が正しい受領証を発行。個人情報が流出した対象者に対して、自宅を訪問して謝罪した。

印刷用データの出力にあたっては、整合性を失っていないか確認できるよう、表計算ソフトの機能を用いた重複チェックや出力データの差分比較など、対策を講じた。全区のデータ確認にもこれら機能を用いてチェックを行い、同様のケースを発見したとしている。

(Security NEXT - 2021/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素
中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者
DMに別の顧客の氏名を誤って印字 - 大阪ガス
ふるさと納税寄付者へ別人の申請書を誤送付 - 平川市