Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報が含まれる書類を、誤って第三者へファックス送信したことを明らかにした。

同市によれば、4月11日11時ごろ、新型コロナウイルス感染症患者をタクシーで移送するため、タクシー事業者へ依頼書をファックスで送信しようとしたところ、誤って第三者へ送信するミスがあったという。

誤送信した書類には、新型コロナウイルス感染症患者1人の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、年齢、現在の症状などが記載されていた。ファックス送信時に、ファックス液晶画面の対象送信先以外のボタンを誤って押し、気づかずそのまま送信したという。

同市では同日中に誤送信先へ連絡して謝罪したうえで、誤送信した書類を回収、廃棄した。また対象となる患者に対し、電話で報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府
返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
コロナ対策ポスター掲示店の申請者情報を誤掲載 - 宮城県
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで