Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報が含まれる書類を、誤って第三者へファックス送信したことを明らかにした。

同市によれば、4月11日11時ごろ、新型コロナウイルス感染症患者をタクシーで移送するため、タクシー事業者へ依頼書をファックスで送信しようとしたところ、誤って第三者へ送信するミスがあったという。

誤送信した書類には、新型コロナウイルス感染症患者1人の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、年齢、現在の症状などが記載されていた。ファックス送信時に、ファックス液晶画面の対象送信先以外のボタンを誤って押し、気づかずそのまま送信したという。

同市では同日中に誤送信先へ連絡して謝罪したうえで、誤送信した書類を回収、廃棄した。また対象となる患者に対し、電話で報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北