Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報が含まれる書類を、誤って第三者へファックス送信したことを明らかにした。

同市によれば、4月11日11時ごろ、新型コロナウイルス感染症患者をタクシーで移送するため、タクシー事業者へ依頼書をファックスで送信しようとしたところ、誤って第三者へ送信するミスがあったという。

誤送信した書類には、新型コロナウイルス感染症患者1人の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、年齢、現在の症状などが記載されていた。ファックス送信時に、ファックス液晶画面の対象送信先以外のボタンを誤って押し、気づかずそのまま送信したという。

同市では同日中に誤送信先へ連絡して謝罪したうえで、誤送信した書類を回収、廃棄した。また対象となる患者に対し、電話で報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も