Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性

Adobe Systemsは、複数の同社製品向けにセキュリティアップデートをリリースした。深刻な脆弱性を修正したという。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて、「Adobe Bridge」「Adobe Photoshop」「Adobe Digital Editions」「RoboHelp」向けにアップデートをリリースしたもの。いずれも脆弱性の悪用は確認されていないという。

「Adobe Bridge」では、メモリ破壊や域外メモリへの書き込み、「Adobe Photoshop」ではバッファオーバーフローなど、コードの実行につながる脆弱性を修正。さらに「Adobe Digital Editions」では、権限昇格の脆弱性など、「RoboHelp」を除き、いずれも3段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性を解消している。

一方、今回公開されたアップデートの適用優先度は、いずれも3段階中もっとも低い「3」とレーティングされており、任意のタイミングで更新を実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み