Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するBTCボックスは、同社システムが不正アクセスを受けたことを明らかにした。攻撃者によって顧客に詐欺メールが送信されたほか、個人情報が流出した可能性もあるとして、詳細を調べている。

同社が運用するウェブサーバが不正アクセスを受けたもの。4月6日3時過ぎに、同サーバ経由で同社が利用する外部のメール配信システムを通じて、同社を装う詐欺メールが顧客に送信されたという。

また今回の不正アクセスにより、不正使用されたメールアドレスのほか、サーバ内に保管されている本人確認用の画像データが窃取された可能性がある。

ただし、顧客の預託資産や本人確認用の画像データ以外の個人情報については、今回の不正アクセスによる影響はないと説明している。

同社は、不正アクセスを受けたウェブサーバについて、アクセス制限を強化するなど緊急措置を実施。金融庁や関係機関に届け出を提出するとともに、外部事業者の協力のもと、詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出