Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に

経済産業省が提供する中小企業の支援サイトにおいて、投稿された意見や感想など個人情報が第三者に流出したことがわかった。

不具合があったのは、中小企業事業者向けに補助金などの支援制度や事例を紹介するウェブサイト「ミラサポplus」。同省によれば、2020年8月3日から2021年4月6日にかけて、記事に対する意見や感想などが第三者より閲覧できる状態だった。12人分の氏名やコメントなどが含まれる。

4月6日にコールセンターへ問い合わせがあり、調査したところ問題が判明。同日、同サイトの運営事務局において対象となる個人情報を削除した。

個人情報が閲覧された可能性がある利用者に対しては、翌7日にメールで経緯の報告と謝罪を実施。原因については特定しており、すでに対策済みとしている。

(Security NEXT - 2021/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
セミナー受講者のメールアドレスリストを誤送信 - JNSA
月刊誌「理念と経営」のサイトで一部顧客のメールアドレスが閲覧可能に
メール誤送信で企業担当者のアドレス流出 - 岐阜県産業技術センター
産業技術センターでメール誤送信が発生 - 岐阜県
検定試験の一部解答用紙を紛失、受験者全員を合格に - 全国中央会