Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も

2020年10月30日にクレジットカード会社より流出の可能性について指摘があり、同社では同日にクレジット決済機能を停止。意図せず、外部に公開されていたデータについては、11月16日にアクセスできないよう対策を講じた。

ログに痕跡は見つかったものの、実際にアクセスを受けた件数はわかっていない。いずれもクレジットカードの名義、番号、有効期限が含まれるとしている。住所やメールアドレス、ID、パスワードなどクレジットカード以外の情報流出は確認されていないと説明している。

今回の事態を受け、同社では2021年1月26日に警察、同月30日に個人情報保護委員会へ報告した。情報が流出した可能性がある顧客に対しては、4月5日よりメールで連絡を取っており、身に覚えのない請求などに注意するよう呼びかけている。

また今回の不正アクセスに関連し、ヨシハラシステムズのシステムを利用していたクリーニング白永舎の宅配クリーニングサービス「マイスターせんたく便」においても、顧客14人分のクレジットカード情報が流出した可能性があることが判明しており、同様の対応が進められている。

(Security NEXT - 2021/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る