Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、プライバシーポリシーを改定 - 移転先国名など記載

LINEは、国内ユーザーを対象とした同社サービスにおけるプライバシーポリシーを改定した。

海外から国内のデータが閲覧可能であったり、韓国内のサーバに画像や動画、「LINE Pay」関連の情報が保管されていた問題を受け、同社では利用者に対する説明が不十分だったとしてプライバシーポリシーを改定した。

データの保管場所について、従来は安全な国内のサーバーで行っているとし、提供にあたり第三国に移転する場合があるとしていたが、改定により韓国のデータセンターでも保管していることを明記した。

また提供にあたって第三国について具体的な国名などに追加。システムの開発や運用について、韓国やベトナムなどでも扱うことを記載している。

(Security NEXT - 2021/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
LINEのデータガバナンス検証で外部有識者委員会 - ZHD
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生