Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、プライバシーポリシーを改定 - 移転先国名など記載

LINEは、国内ユーザーを対象とした同社サービスにおけるプライバシーポリシーを改定した。

海外から国内のデータが閲覧可能であったり、韓国内のサーバに画像や動画、「LINE Pay」関連の情報が保管されていた問題を受け、同社では利用者に対する説明が不十分だったとしてプライバシーポリシーを改定した。

データの保管場所について、従来は安全な国内のサーバーで行っているとし、提供にあたり第三国に移転する場合があるとしていたが、改定により韓国のデータセンターでも保管していることを明記した。

また提供にあたって第三国について具体的な国名などに追加。システムの開発や運用について、韓国やベトナムなどでも扱うことを記載している。

(Security NEXT - 2021/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
公共機関装うSNS上の偽アカウントに注意 - DMでフィッシングサイトに誘導
「プライム」が更新切れ? - 家電量販店「ノジマ」装うフィッシング
「あなたのアカウントが通報された」 - 偽警察のLINEアカウントに注意
韓Dream SecurityのPKI製品に深刻なRCE脆弱性
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県