Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、プライバシーポリシーを改定 - 移転先国名など記載

LINEは、国内ユーザーを対象とした同社サービスにおけるプライバシーポリシーを改定した。

海外から国内のデータが閲覧可能であったり、韓国内のサーバに画像や動画、「LINE Pay」関連の情報が保管されていた問題を受け、同社では利用者に対する説明が不十分だったとしてプライバシーポリシーを改定した。

データの保管場所について、従来は安全な国内のサーバーで行っているとし、提供にあたり第三国に移転する場合があるとしていたが、改定により韓国のデータセンターでも保管していることを明記した。

また提供にあたって第三国について具体的な国名などに追加。システムの開発や運用について、韓国やベトナムなどでも扱うことを記載している。

(Security NEXT - 2021/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」