Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認

VMwareの「VMware vRealize Operations」に複数の脆弱性が見つかった問題で、一部脆弱性では実証コード(PoC)なども確認されていることがわかった。

同製品に含まれる「VMware vRealize Operations Manager」に「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性「CVE-2021-21975」や、任意の場所にファイルの書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2021-21983」が明らかとなったもの。

脆弱性を報告した研究者が所属するPositive Technologiesでは、これら脆弱性を組み合わせることで、認証なしにリモートより任意のコードが実行可能になると指摘している。VMwareにおいても、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

脆弱性は、非公開でVMwareに報告されたものだが、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)によれば、すでにSSRFの脆弱性「CVE-2021-21975」について脆弱性の実証コードや、脆弱なシステムを探索するスキャナーに関する情報を確認しているという。

2件の脆弱性を組み合わせることで、大きな影響を及ぼすおそれがあり、製品の利用者に対して早急に対応を検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ