Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2月に同社が観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数は前月から増加したが、最大規模の攻撃は前月を下回っている。

同社のDDoS攻撃対策サービスで検知したDDoS攻撃の動向を取りまとめたもの。同月に観測された攻撃件数は587件で、前月の565件から22件増加した。1日あたりの平均件数は21.0件で、前月の18.2件を上回った。1日あたり10件から40件前後で推移しているが、同月19日は60件を超える攻撃が観測されている。

同月に観測されたもっとも規模が大きかった攻撃は、DNSリフレクション攻撃で、約82万ppsのパケットにより、4Gbpsのトラフィックが発生。約113万ppsパケット、11.2Gbpsのトラフィックで前月にもっとも規模が大きかった攻撃を下回った。

同月にもっとも長く継続した攻撃は「OpenVPNリフレクション攻撃」で、20分にわたるものだった。同攻撃では最大で2.41Gbpsの通信が発生している。

(Security NEXT - 2021/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2023年12月のDDoS攻撃、前月比3割減 - 規模も縮小
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
約194GbpsのDDoS攻撃を観測 - 22分にわたり継続
DDoS攻撃が大幅減 - 一方で約147Gbps超の攻撃も
9月に399件のDDoS攻撃を観測、前月比1割減 - IIJレポート
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
150時間近く継続する複合DDoS攻撃 - 最大115Gbpsのトラフィック
2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減
5月はDDoS攻撃が3割減、6時間超にわたる攻撃を観測 - IIJレポート
1Qのインシデント件数はほぼ横ばい - 「スキャン」が増加