Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を

情報処理推進機構(IPA)は、企業におけるウェブサイトの安全な運用を支援するガイドの改訂版を公開した。

「安全なウェブサイト運営にむけて〜企業ウェブサイトのための脆弱性対応ガイド〜」は、企業の経営層や中小企業のウェブサイト担当者などを対象とした資料。8年ぶりの改訂となる。

小規模のウェブサイト運営者では脆弱性の修正が行われないケースも多いことから、ウェブサイトが問題なく動作しているように見えても、時間の経過とともに脆弱性が発見され、対策を怠り侵害を受けると、事業に影響を及ぼすおそれがあるとして脆弱性対策を講じるよう呼びかけている。

特に顧客情報をはじめ、重要な情報を扱うサイトや、脆弱性が生じやすい機能があるサイト、構築後にメンテナンスを実施していないサイトなど、特に脆弱性対策の実施が必要になると指摘している。

同ガイドでは、個人情報やクレジットカード情報の漏洩など、ウェブサイトの脆弱性を突くサイバー攻撃によって侵害された場合に生じる被害事例を解説。脆弱性の対策状況を把握する方法や対処にあたり有用な資料を紹介しており、簡易チェックリストなども用意している。

(Security NEXT - 2021/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞