Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市

神奈川県小田原市は、マイナンバーカード交付予約者の名簿を、同市のウェブサイトに誤って掲載したことを明らかにした。

同市によれば、3月18日12時35分ごろ、マイナンバーカード交付の予約状況表をウェブサイトに掲載したところ、予約者名簿のPDFファイルを掲載するミスがあったという。

誤って掲載された予約者の名簿には、2月6日から4月18日までに交付予約を行った住民447人分のカタカナ氏名や電話番号、生年月日などが記載されていた。マイナンバーは含まれていない。

同日19時過ぎ、同市の職員が誤掲載に気づき、ウェブサイトより予約者の名簿を削除した。期間中、職員を除き、3件のアクセスがあったことが確認されている。

今回の問題を受けて同市では、翌19日より対象となる予約者に対し電話で謝罪を行った。

(Security NEXT - 2021/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付通知書を誤送付 - 志摩市
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
幼稚園の入園願書など紛失、マイナンバー記載 - 京田辺市
マイナンバーカードを紛失、箱ごと誤廃棄か - 阿蘇市
姓など同じ別人のマイナンバーを住民システムに誤入力 - 鎌倉市
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も