Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止

LINEは3月23日、記者説明会を都内で開催し、利用者情報の管理体制や今後の対応について説明した。コミュニケーションに関連する開発やモニタリング業務については、中国からのアクセスを遮断し、業務についても終了していることを強調した。

20210324_li_005.jpg
記者説明会の様子

同日は個人情報保護委員会における報告徴収の期限にあたり、当初報告内容について説明する予定だったが、発表内容を変更。報告内容に関する詳細な説明は行わず、グローバルガバナンスの現状と今後の方針について説明を行った。

会見冒頭、LINEの代表取締役社長CEOである出澤剛氏は、適切なプライバシーポリシーによる説明が行われておらず、利用者に迷惑や心配をかけたとし、「多くの利用者の信頼を裏切ることになり、重く受け止めている」として謝罪した。

安心、安全に向けて国内化を図るとし、中国から日本の個人情報に対する遮断をすでに実施しており、コミュニケーションに関する機能、サービスについては中国における開発、保守、運用についても終了したと述べた。

また韓国内のデータセンターに保管されていた画像や動画、ファイルについて、LINEトークでは6月まで、公式アカウントにおいても8月までに国内へ移転を完了する予定だという。

20210324_li_001.jpg
LINEにおけるデータ移行の計画(表:LINE)

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害