Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止

LINEは3月23日、記者説明会を都内で開催し、利用者情報の管理体制や今後の対応について説明した。コミュニケーションに関連する開発やモニタリング業務については、中国からのアクセスを遮断し、業務についても終了していることを強調した。

20210324_li_005.jpg
記者説明会の様子

同日は個人情報保護委員会における報告徴収の期限にあたり、当初報告内容について説明する予定だったが、発表内容を変更。報告内容に関する詳細な説明は行わず、グローバルガバナンスの現状と今後の方針について説明を行った。

会見冒頭、LINEの代表取締役社長CEOである出澤剛氏は、適切なプライバシーポリシーによる説明が行われておらず、利用者に迷惑や心配をかけたとし、「多くの利用者の信頼を裏切ることになり、重く受け止めている」として謝罪した。

安心、安全に向けて国内化を図るとし、中国から日本の個人情報に対する遮断をすでに実施しており、コミュニケーションに関する機能、サービスについては中国における開発、保守、運用についても終了したと述べた。

また韓国内のデータセンターに保管されていた画像や動画、ファイルについて、LINEトークでは6月まで、公式アカウントにおいても8月までに国内へ移転を完了する予定だという。

20210324_li_001.jpg
LINEにおけるデータ移行の計画(表:LINE)

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ