Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)と日本テレワーク協会は、共同で作成した「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」の第2版を公開した。

同ガイドは、コワーキングスペースやレンタルオフィス、シェアオフィスなど、いわゆる共同利用オフィスを運営する自治体や企業などを対象に、セキュリティ上の課題や必要とされる対策を解説したもの。共用オフィスを利用者においても、サービス選択時に活用できるとしている。

利用者の本人確認をはじめ、ネットワーク機器やレンタルPCにおけるセキュリティ対策、物理設備などのセキュリティ対策について脅威のほか、必須とする基本対策、応用対策などを説明している。チェックシートも用意している。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、テレワークが推進されていることを受けて、第2版では現状を踏まえた内容の更新や、記述の見直しなどを行った。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」にウェブ版 - 業界平均との比較も可能
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも