Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)と日本テレワーク協会は、共同で作成した「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」の第2版を公開した。

同ガイドは、コワーキングスペースやレンタルオフィス、シェアオフィスなど、いわゆる共同利用オフィスを運営する自治体や企業などを対象に、セキュリティ上の課題や必要とされる対策を解説したもの。共用オフィスを利用者においても、サービス選択時に活用できるとしている。

利用者の本人確認をはじめ、ネットワーク機器やレンタルPCにおけるセキュリティ対策、物理設備などのセキュリティ対策について脅威のほか、必須とする基本対策、応用対策などを説明している。チェックシートも用意している。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、テレワークが推進されていることを受けて、第2版では現状を踏まえた内容の更新や、記述の見直しなどを行った。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
国内企業の4割がCISOを設置 - 経営層の専任は2.9%
サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
サイトの脆弱性診断で勝負 - 専門学生向けセキュコンが開催