Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)と日本テレワーク協会は、共同で作成した「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」の第2版を公開した。

同ガイドは、コワーキングスペースやレンタルオフィス、シェアオフィスなど、いわゆる共同利用オフィスを運営する自治体や企業などを対象に、セキュリティ上の課題や必要とされる対策を解説したもの。共用オフィスを利用者においても、サービス選択時に活用できるとしている。

利用者の本人確認をはじめ、ネットワーク機器やレンタルPCにおけるセキュリティ対策、物理設備などのセキュリティ対策について脅威のほか、必須とする基本対策、応用対策などを説明している。チェックシートも用意している。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、テレワークが推進されていることを受けて、第2版では現状を踏まえた内容の更新や、記述の見直しなどを行った。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導