Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)と日本テレワーク協会は、共同で作成した「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」の第2版を公開した。

同ガイドは、コワーキングスペースやレンタルオフィス、シェアオフィスなど、いわゆる共同利用オフィスを運営する自治体や企業などを対象に、セキュリティ上の課題や必要とされる対策を解説したもの。共用オフィスを利用者においても、サービス選択時に活用できるとしている。

利用者の本人確認をはじめ、ネットワーク機器やレンタルPCにおけるセキュリティ対策、物理設備などのセキュリティ対策について脅威のほか、必須とする基本対策、応用対策などを説明している。チェックシートも用意している。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、テレワークが推進されていることを受けて、第2版では現状を踏まえた内容の更新や、記述の見直しなどを行った。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
ネット偽情報対策の取り組みに関する意見を募集 - 総務省
暗号資産交換業者への不正送金対策を強化 - 金融庁ら
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
「サイバーセキュリティ月間2024」がスタート - 「全員参加」を呼びかけ
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
日立システムズ、セキュアブレインを吸収合併 - MSS事業拡大に注力
個情委、オプトアウト届出事業者3社に行政指導 - 「転売屋」に販売も
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン