Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、F5「BIG-IP」の脆弱性で注意喚起

F5 Networksの「BIG-IP」「BIG-IQ」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターは利用者へすみやかに対策を講じるよう注意喚起を行った。

両製品では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアが「9」以上、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性4件を含む21件の脆弱性が判明。現地時間3月10日にアップデートがリリースされたが、その後悪用やエクスプロイトコードの公開が確認されている

JPCERT/CCは、「iControl RESTインタフェース」においてリモートよりコードの実行が可能となる「CVE-2021-22986」について、探索行為や実際に脆弱性の悪用を試みたとみられる通信の情報を確認しているとして注意喚起を行った。

各脆弱性を修正した「BIG-IP 16.0.1.1」「同15.1.2.1」「同14.1.4」「同13.1.3.6」「同12.1.5.3」「同11.6.5.3」や、「BIG-IQ 8.0.0」「同7.1.0.3」「同7.0.0.2」が公開されており、十分なテストを実施の上、アップデートすることを検討するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応