Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港

中部国際空港は、訪日外国人を対象に実施したアンケートにおいて設定ミスがあり、回答内容が外部に流出したことを明らかにした。

英語と繁体字を主たる言語とする外国人を対象に3月12日より実施したアンケートの回答結果が、本来管理者のみ閲覧できるよう設定すべきところ、だれでもアクセスできる状態となっていたもの。同日より同月16日21時までに回答された46件について、氏名、メールアドレス、訪日回数、訪問都市などの情報が閲覧可能となっていた。

同社は、同アンケートを3月12日にFacebookの公式アカウントで告知し、アンケートサイトへ誘導。同月16日21時ごろより、別の言語で運用する同社8アカウントでも同様に告知しようとしたところ、誘導先であるアンケートフォームではなく、回答結果集計サイトのURLを誤って記載。同日22時半ごろ、URLより回答の集計データが閲覧できるとの指摘があり、設定ミスに気がついた。

同社では、関連するすべてのアンケートフォームを削除。集計データが第三者によってアクセスできないようアクセスを制限した。同社では、対象となる回答者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2021/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
広報誌を誤送信で関係者のメアド流出 - 公取委
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
イベント参加者への案内メールで誤送信 - 産総研
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大