Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 89.0.4389.90」がリリース - ゼロデイ脆弱性に対処

Googleは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けに最新ブラウザとなる「Chrome 89.0.4389.90」をリリースした。一部脆弱性はすでに悪用の報告があるという。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する5件の修正を実施したもので、CVEベースで3件の脆弱性に対処した。

解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-21191」「CVE-2021-21193」やヒープバッファオーバーフロー「CVE-2021-21192」を解消。いずれも重要度は4段階中、2番目に高い「高(High)」とレーティングされている。

なかでも3月9日に匿名で報告を受けた「Blink」処理における「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-21193」は、すでに悪用の報告があるという。Googleでは、今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。

同ブラウザに関しては、現地時間3月2日に公開した前回アップデート「同89.0.4389.72」においても、ゼロデイ脆弱性「CVE-2021-21166」に対応している。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で