Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体

人道支援活動を行っているCWS Japanは、メールアカウントが不正アクセスを受け、関係者に不正なメールが送信されたことを明らかにした。

同会によれば、3月6日に不審なメールを受信したと報告が外部から寄せられ、調査を行ったところメールアカウント1件が不正アクセスを受けていたことが判明した。

同アカウントは約1年間にわたり利用していなかったが、不正アクセスによりzipファイルを添付した4件ほどの英文メールが関係者に対して不正に送信されたという。送信されたファイルの内容などはわかっていない。

不正アクセスを受けた原因は不明。今回の不正アクセスにともなう情報流出などは確認されていないという。

同会では、対象となるメールアカウントを削除し、パスワードの再設定を実施。情報処理推進機構(IPA)へ被害を届けたほか、関係者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発