Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DV被害者の住所を加害者に交付 - 加古川市

兵庫県加古川市は、DV(ドメスティックバイオレンス)の被害者に関する住所情報を、誤って加害者に交付していたことを明らかにした。

同市によれば、他自治体で決定した支援措置における更新処理を行った際、移動前の戸籍を確認したところ、戸籍の附票の住所異動処理に誤りがあり、一部秘匿されていない部分があることを発見。

これを受けて、交付記録を調べたところ、約2年前に支援措置対象者の住所が記載された戸籍の附票を加害者に対して交付していたことがわかったという。

同市では、今後の対応について対象となる支援措置対象者と協議している。また支援措置対象者を含む情報の更新業務において、確認内容を拡大するなど事務処理手順の見直しを図り、再発防止を図りたい考え。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
DV被害者情報含む書類が所在不明、5カ月後に判明 - 神奈川県
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
DV被害者の個人情報を漏洩、経緯は調査中 - 東彼杵町