Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、2021年3月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、82件の脆弱性を修正した。一部は悪用も確認されている。

今回のアップデートでは「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Microsoft ActiveX」「Microsoft Office」「Microsoft Exchange Server」「Microsoft Graphicsコンポーネント」「Microsoft Windows Codecs Library」の脆弱性に対処した。

「Azure」「Azure DevOps」「Azure Sphere」や、「Power BI」「Visual Studio」「Visual Studio Code」などの脆弱性にも対応しており、CVEベースであわせて82件に及ぶ。3月はこれらとは別に定例外で「Microsoft Exchange Server」のセキュリティ更新が3月2日にリリースされている点に注意が必要だ。

CVEベースで82件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が10件。次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性が72件だった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上とレーティングされている脆弱性が71件。そのうち7件は「9.0」以上にレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性