Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、2021年3月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、82件の脆弱性を修正した。一部は悪用も確認されている。

今回のアップデートでは「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Microsoft ActiveX」「Microsoft Office」「Microsoft Exchange Server」「Microsoft Graphicsコンポーネント」「Microsoft Windows Codecs Library」の脆弱性に対処した。

「Azure」「Azure DevOps」「Azure Sphere」や、「Power BI」「Visual Studio」「Visual Studio Code」などの脆弱性にも対応しており、CVEベースであわせて82件に及ぶ。3月はこれらとは別に定例外で「Microsoft Exchange Server」のセキュリティ更新が3月2日にリリースされている点に注意が必要だ。

CVEベースで82件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が10件。次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性が72件だった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上とレーティングされている脆弱性が71件。そのうち7件は「9.0」以上にレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で