Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了

サイバー空間における国家安全保障をテーマとしたシンポジウム「サイバー防衛シンポジウム熱海2020」が3月12日に開催される。

同イベントは、第五の戦場とも呼ばれる「サイバー空間」の防衛問題をテーマとしたシンポジウム。2019年のプレイベントに続く第1回にあたる。当初計画されていた2020年6月の開催は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で延期となるも、2020年度内の開催にこぎつけた。

今回は、「領域横断作戦(Cross-Domain Operation)を考える」をテーマにかかげ、領域横断的な戦いにおいてサイバー分野が果たすべき役割や効果など踏まえ、国家安全保障の観点からサイバーセキュリティについて議論する。

会場は静岡県熱海市のホテルKKR熱海とオンラインによるハイブリットとなる予定で、オンラインのみとなるナイトセッションなども計画している。

現地参加は1万円で販売は3月8日17時まで。オンライン参加チケットは1000円で販売は3月10日17時まで。なお、緊急事態宣言対象地域からの参加はオンライン参加を検討するよう呼びかけられている。

イベントのプログラムや申し込みなど詳細は同シンポジウムのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……