Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞

総務省は、セキュリティ分野の功績を表彰する「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の受賞者を発表した。

同賞は、サイバーセキュリティの分野で優れた功績を挙げ、今後も活躍が期待される個人や団体を表彰するもの。2017年に創設された。自薦や他薦で候補者を募集し、有識者による選考委員によって受賞者が決められる。2021年は個人2人と1団体が受賞した。

個人では、川口設計の代表取締役である川口洋氏と、情報処理推進機構(IPA)の登大遊氏に贈られた。

川口氏は、サイバー攻撃に対処する能力を磨く人材育成手法「Micro Hardening」を開発。情報通信研究機構(NICT)のサイバー演習である「CYDER」の推進委員や「サイバーコロッセオ」の講師を務めるなど人材育成分野をはじめ、セキュリティ分野で活躍している。

また登氏は、VPNを構築できるソフトウェア「SoftEther VPN」を開発。さらに新型コロナウイルス感染症拡大を受け、同技術を用いた情報処理推進機構 (IPA) とNTT東日本による「シン・テレワークシステム」の緊急開発を主導。同システムの技術をもとにした「自治体テレワークシステム for LGWAN」の開発にも参画し、地方公共団体のテレワーク環境の整備に貢献した。

団体では、鳥取県の自治体ICT共同化推進協議会が受賞。同県自治体におけるCSIRTの設置を推進するとともに、CSIRT設置要綱に関する情報提供や研修などを通じ、実効性のあるCSIRT運営を支援した。同県内で発生したインシデントについて、積極的な情報共有による再発防止を進めたことなどが評価された。

(Security NEXT - 2021/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超