Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開

「BIND 9」にリモートより悪用されるおそれがある脆弱性が判明した。悪用は確認されていないが、開発元や関係機関では注意を呼びかけている。

「BIND 9.5.0」以降では、TSIGプロトコルの拡張機能「GSS-TSIG」を扱うAPI「GSS-API」におけるネゴシエーションメカニズム「SPNEGO」の実装において、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-8625」が存在することが明らかとなったもの。

「GSS-TSIG」を有効にしている場合、脆弱性が悪用されるとクラッシュし、サービス拒否に陥るほか、実証されていないものの、理論的にはリモートよりコードを実行されるおそれもあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」における同脆弱性のベーススコアは「8.1」で、重要度は「高(High)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を修正した「同9.16.12」「同9.11.28」を公開し、緩和策をアナウンス。日本レジストリサービス(JPRS)なども注意喚起を行った。

「GSS-TSIG」は、「BIND 9」を「Active Directory」のドメインコントローラーと組み合わせた環境や、「BIND 9」が「Samba」と統合されているネットワークでも、頻繁に利用されるとして注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開