Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開

「BIND 9」にリモートより悪用されるおそれがある脆弱性が判明した。悪用は確認されていないが、開発元や関係機関では注意を呼びかけている。

「BIND 9.5.0」以降では、TSIGプロトコルの拡張機能「GSS-TSIG」を扱うAPI「GSS-API」におけるネゴシエーションメカニズム「SPNEGO」の実装において、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-8625」が存在することが明らかとなったもの。

「GSS-TSIG」を有効にしている場合、脆弱性が悪用されるとクラッシュし、サービス拒否に陥るほか、実証されていないものの、理論的にはリモートよりコードを実行されるおそれもあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」における同脆弱性のベーススコアは「8.1」で、重要度は「高(High)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を修正した「同9.16.12」「同9.11.28」を公開し、緩和策をアナウンス。日本レジストリサービス(JPRS)なども注意喚起を行った。

「GSS-TSIG」は、「BIND 9」を「Active Directory」のドメインコントローラーと組み合わせた環境や、「BIND 9」が「Samba」と統合されているネットワークでも、頻繁に利用されるとして注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正