Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼

共英製鋼は、同社のサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。原因や影響など詳細について調査を進めている。

同社によれば、2月12日夜間に同社サーバが不正アクセスを受けたもので、翌13日に認知した。外部事業者の協力のもと、不正アクセスを受けた範囲と情報の特定、情報流出の有無、原因などについて調査を進めている。

同社は、不正アクセスを遮断し、システムの復旧を行ったとして通常業務に影響は出ていないと説明。国内外の製造拠点や関係会社への影響についても確認されていないという。

(Security NEXT - 2021/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
不正アクセス受けたNTTぷららの個人情報、流出の痕跡は見つからず