Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を

ソリトンシステムズが提供するファイル送受信アプライアンス「FileZen」に脆弱性が明らかとなった。アップデートは準備中で、緩和策の実施など対策が呼びかけられている。

「同5.0.2」「同4.2.7」および以前のバージョンに、システム管理者画面にログオンした状態よりOSコマンドの実行が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-20655」が明らかとなったもの。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「9.1」。

脆弱性を悪用するには、システム管理者のIDやパスワードが必要で、アップロードしたファイルの窃取や、端末を踏み台とする攻撃などが行われるおそれがある。また「同V4.2.2」までのバージョンではパスワードを窃取されるおそれもある。

今回、利用者に脆弱性を周知するため、同社はJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。ファームウェアのアップデートについて準備を進めており、3月にリリースする予定。

またシステム管理者アカウントの認証情報が窃取されている可能性も踏まえて、脆弱性の緩和策を講じるよう注意を喚起した。初期管理者アカウントの無効化や、管理者アカウントのIDやパスワードの変更、APIやFileZen Relay Agent経由も含めたインターネット経由による管理者アカウントのログオンを制限するなど、対策を実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正